自分の感情と向き合おう ケアする側が抱える心の問題

看護師の夜勤問題

世の中には幾つもの激務と言われる仕事が存在していますが、看護師という職業もその一つと言えるのではないでしょうか。この仕事の大変さを引き上げている要因の一つが、夜勤を行わなければならない機会が非常に多いという点です。

医療に関係する職業ですから、常に患者の容態に気を使わなければなりません。それは場合によっては人命にすら影響を与えかねない重大な問題であり、様態の急変が昼間であればさほど問題は発生しないのですが夜間に発生する事も珍しくありません。そのため、この仕事はどうしても夜間でも仕事を続けなければならず、夜間の生活というのは人間が本来持っている生活のリズムと外れており、肉体的に大きな負担となる事も、またそうして感じられてしまうストレスが原因で心の闇に繋がってしまう場合も存在します。

また、看護師という仕事は女性が多い仕事であるために生活のリズムが及ぼしてくる影響は肌荒れ等の美容のみならずホルモンの乱れに対しての深刻な問題を引き起こす事があるので男性よりもつらい状況にあるといえます。そうした問題点の解決方法として十分な仮眠を取る事が挙げられます。夜勤というのは非常に過酷であるため仮眠時間が設けられている事が多く、この時間を利用して効率よく眠るというのが心身を健康に保つための秘訣と言えます。ですが、直前まで働いていたために直ぐに眠る事が出来ないという場合も、そんな時はホットミルク等の安眠に対する効果が期待できる物を口に運んだり、アロマを使ってリラックスするというのがより良い眠りを手に入れるための一つの手です。

仮眠で眠れる方はよいですが、どうしても夜勤サイクルが合わない方はいます。心身共に異常をきたしていると感じるのであれば、昼メインで働ける場所に転職することを考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です